外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

外壁塗装 塗料

投稿日:

外壁塗装塗料には種類があります。大まかにいうなら次の4種類を挙げることができます。また、耐用年数については、これも概数として添えると次のようになります。

1)アクリル系樹脂の塗料・・・5〜7年

2)ウレタン系樹脂の塗料・・・10〜13年

3)シリコン系樹脂の塗料・・・10〜15年

4)フッ素系樹脂の塗料・・・・15〜20年

耐用年数が長い塗料ほど、価格も高くなります。ただし、同じシリコン系樹脂でも、さらに種類によって価格も異なります。したがってシリコン樹脂で一缶が一万円以下のものもあれば、5万円以上のものもあるというように、多様な種類があります。

1)のアクリル樹脂ですが、とにかく安く使いたいというような用途には向きますが、しかし耐用年数が短いと結果として不経済になりがちです。実際のところ、アクリル樹脂はあまり使われなくなりました。むしろ新築の際に使われている場合があり、その結果、新築してから最初の塗り替えが早く必要になる場合があります。

4)のフッ素樹脂は耐用年数が20年近いといわれますが、逆に塗料だけが20年持ったとしても、家に構造的なゆがみが生じたりすると、結果的に塗り替えが必要になります。つまり外壁塗装の塗料は耐用年数が長いほどよいというわけではありません。

このような理由から、現実的にいま戸建て住宅の塗り替えに多くの場合に使われている塗料は、2)のウレタン樹脂と3)のシリコン樹脂になります。ウレタン系とシリコン系で、費用はシリコンのほうが少し高くなります。費用と効果のバランスから、いまシリコンが最も主流になっていると言えます。ウレタン系は密着性がいいという性質があるため、塗装の剥がれたところを補修するなどの目的には向いています。

th_050

塗料としてはさらに他の種類もあります。また上記の4種類の塗料のなかにも、水性タイプ溶剤タイプがあります。また厚塗りタイプ薄塗りタイプの塗料があります。くわしくは別項でご案内しますのでご覧ください。

単純に1〜4のどれにしようか、というだけの話でないので、そこはしっかり見極めたいですネ。

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

外壁塗装 ポイント トラブル

外壁塗装のポイントとトラブルについて。まずチェックポイントをもう一度確認します。見積もりをもらった段階を想定すると、一般には慣れない言葉も使われているはずですが、確認したいことは、たとえばこんな点です …

鉄の部分はサビに注意する

鉄の部分は見た目のキレイさも大切ですが、それ以上にまずサビによって腐っていかないか、腐食を止めることが最重要と言えます。 鉄が赤くさびてボロボロになるときのようすは、だれでも目に浮かべることができるで …

養生も大切です、外壁塗装。

養生(ようじょう)も外壁塗装において大切な要素です。塗装する限り多かれ少なかれ塗料が周囲に飛び散ることは避けられないものですから、しっかりと養生します。 塗装工事では、塗料がついてはいけない箇所がたく …

セラミック複合塗料とは

セラミック複合塗料について。 外壁塗装の塗料に半永久はある?  でご案内しましたように、ひと頃はセールストークとして、セラミック塗料は半永久だと、過剰に宣伝した傾向があったようです。たしかに半永久とい …

木の部分は塗装のハガレに注意する

サイディング壁やモルタル壁以外に、塗装にあたっては木の部分があります。木製の雨戸や戸袋もあり、軒裏がベニア板になっていたり、破風板の木製部分もあります。また木で作った濡れ縁もあり、外に見えている柱が木 …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!