外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

外壁塗装 種類

   

外壁塗装 種類には、大きく分けてサイディングボードモルタルとがあります。板を横に嵌めていく羽目板式の外壁や、鉄部分に塗装するトタン外壁もありますが、ここではおもに二つをご案内します。

1)サイディングボード外壁

サイディングボードはボードを一枚ずつ貼っていく外壁となります。サイディング自体に種類があり、スチールサイディングアルミサイディング、さらに窯業系のサイディングがあり、新築でなく後に外壁塗装をする場合の手法は、多くの場合、窯業系が用いられます。

窯業系サイディングも、その表面にできる模様がさまざまありますし、レンガのように見えるタイル・レンガ調のサイディングもあります。

サイディングのボードは、各々の間にゴムのように見えるコーキングのつなぎ目があり「目地」と言われますが、この目地の部分はふつうに劣化しますから、まずは目地の補修が必要になります。

一階と二階であえてサイディングを変えて塗装するというケースもあります。

th_0-09

2)モルタル外壁

いわゆるモルタル塗りといわれる種類の外壁です。モルタルは、セメントなどでモルタルを練り上げ、仕上げて乾燥させてから塗料を吹き付けていきます。吹き付け方によって塗料の使用量が大きく変わってきます。

比較的少ない塗料で塗装するモルタル塗りに、吹き付けタイル式があり、表面はややツルツルしており、塗料は塗りやすい方法です。

リシンという砂状のザラザラした外壁もあり、こちらは塗料はより多く使います。経年でヒビができている場合もあります。

吹き付けタイル式のの凹凸を大きくしたようなタイプの、スタッコという方法もあります。スタッコでは凹凸が大きいので塗料の使用量が大きくなります。

 

 - 外壁塗装 種類 ,