外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 種類

外壁塗装 種類

投稿日:

外壁塗装 種類には、大きく分けてサイディングボードモルタルとがあります。板を横に嵌めていく羽目板式の外壁や、鉄部分に塗装するトタン外壁もありますが、ここではおもに二つをご案内します。

1)サイディングボード外壁

サイディングボードはボードを一枚ずつ貼っていく外壁となります。サイディング自体に種類があり、スチールサイディングアルミサイディング、さらに窯業系のサイディングがあり、新築でなく後に外壁塗装をする場合の手法は、多くの場合、窯業系が用いられます。

窯業系サイディングも、その表面にできる模様がさまざまありますし、レンガのように見えるタイル・レンガ調のサイディングもあります。

サイディングのボードは、各々の間にゴムのように見えるコーキングのつなぎ目があり「目地」と言われますが、この目地の部分はふつうに劣化しますから、まずは目地の補修が必要になります。

一階と二階であえてサイディングを変えて塗装するというケースもあります。

th_0-09

2)モルタル外壁

いわゆるモルタル塗りといわれる種類の外壁です。モルタルは、セメントなどでモルタルを練り上げ、仕上げて乾燥させてから塗料を吹き付けていきます。吹き付け方によって塗料の使用量が大きく変わってきます。

比較的少ない塗料で塗装するモルタル塗りに、吹き付けタイル式があり、表面はややツルツルしており、塗料は塗りやすい方法です。

リシンという砂状のザラザラした外壁もあり、こちらは塗料はより多く使います。経年でヒビができている場合もあります。

吹き付けタイル式のの凹凸を大きくしたようなタイプの、スタッコという方法もあります。スタッコでは凹凸が大きいので塗料の使用量が大きくなります。

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 種類
-,

執筆者:

関連記事

サイディング外壁はなぜ傷む?

サイディング外壁はなぜ傷むかというと、当たり前ながら経年劣化によるものです。サイディングが傷んだからといって、建物の構造に影響するわけではありません。 しかし、直接的には見た目の美観の問題ながら、その …

屋根の塗装は必要か

屋根の塗装は必要か・・・というと今さらという気もします。しかし、外壁は汚れや色がくすんできたときに分かりやすいのですが、屋根はじっくり見る機会もなく、汚れても目立たないところです。 とりあえず屋根は放 …

モルタル外壁の下塗り、中塗り、上塗り

モルタル外壁も下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りをして仕上げていきます。モルタル外壁にはリシン、スタッコ、吹き付けタイル式などの種類があります。 いずれにしても下準備をしっかりと行って、塗料が確実に付着 …

モルタル壁の種類と劣化

モルタル壁の種類と劣化についてまとめます。モルタルといえば以前はニュースで「木造、モルタル塗り・・」うんぬんの呼び方をよく耳にしました。今では新築においてはサイディングのほうが主流になり、モルタルは減 …

塗装は3回塗りを確認しましょう

外壁塗装は3回塗りが基本です。というのは、関係者には当然のことでしょうけれど下塗りと中塗り、上塗りの3回です。 最初の下塗りでは、シーラーと呼ばれる下塗り塗料をしっかりと塗ります。下地がきちんと処理さ …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!