外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 種類

外壁塗装 コーキング

投稿日:

外壁塗装サイディングボードの使用にあたって、ゴム状のつなぎ部分がコーキングで、シーリングとも呼ばれます。

外壁塗装の種類として、サイディングボードやモルタルなどがあることは前項のとおりです。家の外壁を見るとボードの間の部分がゴム状に見えていることは、よくお分かりと思います。そのゴム状のコーキングは、やはり年月の経過でざらざらにヒビが入ったり、縮んだりしてきます。この部分があまりにも傷んでくると、雨水などが染みこんでいく一因ともなります。

当初はサイディングボードを貼り付けた後に、そのつなぎ部分にシールとも呼ばれるゴム状の素材を埋め込んで、コーキング部分となります。このゴム状のシールはふつうは経年劣化でヒビが入ったり、ボリュームが不足したりして、補修が必要になります。家を建てた時点では、サイディングボードを貼って、シーリングを埋め込んでそのままですから、塗装で守られていないわけです。

th_040

しかし、陽に当たってコーキング(シーリング)は傷んでいきますから、やがてコーキングの打ち替えも必要になります。ヒビの入ったコーキングは取り除いて、あらたなコーキング剤を注入していきます。

新しいシーリングを注いでから、その上から塗装するとコーキング(シーリング)が守られて、その後の維持管理がより確実になってきます。ちなみに新築時にも、コーキングの上から塗装しているケースもあります。したがってあらたに外壁塗装をするにあたって、その辺の構造もしっかりとチェックして、無駄のない作業を的確に行ってくれる業者が望まれます。

th_0-56

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 種類
-, ,

執筆者:

関連記事

サイディング外壁はなぜ傷む?

サイディング外壁はなぜ傷むかというと、当たり前ながら経年劣化によるものです。サイディングが傷んだからといって、建物の構造に影響するわけではありません。 しかし、直接的には見た目の美観の問題ながら、その …

サイディングボードのチョーキング

サイディングボードにチョーキングと言われる白い粉がつくようになる場合があります。これは塗装面の表面樹脂が、雨に打たれたり、紫外線に晒されることで、劣化して粉状になったもの。 外壁を手で触ってみると、文 …

外壁塗装 耐用年数

外壁塗装の耐用年数ですが、塗料による違いはおよそ次にようになります。 アクリル系樹脂の耐用年数::5〜7年 ウレタン系樹脂の耐用年数::10〜13年 シリコン系樹脂の耐用年数::10〜15年 フッ素系 …

モルタル壁の種類と劣化

モルタル壁の種類と劣化についてまとめます。モルタルといえば以前はニュースで「木造、モルタル塗り・・」うんぬんの呼び方をよく耳にしました。今では新築においてはサイディングのほうが主流になり、モルタルは減 …

外壁塗装 比較 シリコン

外壁塗装を比較すると、シリコンはやはり頻繁に使われています。シリコンとウレタンとを比較すると、ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?にありますように、シリコンの強みは、耐熱温度が高く、耐久性に優 …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!