外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

外壁塗装の塗料に半永久はある?

投稿日:

外壁塗装塗料半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。

結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセールストークが広く行われていました。

そもそもセラミックとは何かというと陶磁器のようなものを指しています。陶器のようなものが細かく砕かれて混ぜられていると、たしかに強くなります。またセラミックにはもともと親水性という性質があるので、外壁が汚れてきても雨水などの水分が汚れを分散させて見せるために汚れが目立ちにくいという傾向があることも確かです。

しかし、問題はおおざっぱにセラミック塗料と呼んでいても実際はセラミックだけの塗料というものは存在しません。セラミック入りと塗料というほうが正確で、どの程度含まれているかは消費者にはまったく分からないことです。th_0-12

つまりセラミックだから良いという表面的な宣伝は、巧妙であると言って良いでしょう。外壁塗装 塗料でご案内したように、塗料そのものはウレタンシリコンであり、その寿命は素材によって決まるからです。

ここではセラミック入りの塗料を否定したいのではありません。ただセラミック入りと寿命は直接は関係ないのであり、外壁塗装の塗料に半永久的なものはないということです。

半永久的という語句はどちらかというと営業的ですが、しかしセラミック塗料に関連して、セラミック複合という技術で、画期的に汚れを排除する塗料も出てきました。それについては別項でご案内します。

これらについて、消費者は決して専門的な知識を詰め込む必要はないと思います。しかし何も知らない状態では、営業された言葉のとおりになってしまうので、多少の予備知識をあらかじめ得ておくのはいいのではないかと当サイトでは考えています。

 

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?

ウレタン塗料とシリコン塗料では、どちらがいいでしょうか。外壁の塗装に使う塗料にはおよそ4種類(アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系)あり、実際に多く使われているのはウレタン系とシリコン系という …

木の部分は塗装のハガレに注意する

サイディング壁やモルタル壁以外に、塗装にあたっては木の部分があります。木製の雨戸や戸袋もあり、軒裏がベニア板になっていたり、破風板の木製部分もあります。また木で作った濡れ縁もあり、外に見えている柱が木 …

外壁塗装の塗料は劣化する

外壁塗装の塗料はどっちみち必ず劣化するものです。新築後のキラキラ感じられるステキな外壁も、年月の経過とともに多かれ少なかれ劣化していきます。 ある程度の劣化は仕方ないのですが、まわりの環境によって劣化 …

外壁塗装 ポイント トラブル

外壁塗装のポイントとトラブルについて。まずチェックポイントをもう一度確認します。見積もりをもらった段階を想定すると、一般には慣れない言葉も使われているはずですが、確認したいことは、たとえばこんな点です …

塗料は劣化の状態によって使い分ける

外壁塗装の塗料は、他の項目にありますように半永久的な塗料はありませんし新築後に必ず劣化していくものです。 その劣化に状態に合わせて、ふさわしい塗料を選んで塗ることになります。外壁塗装を行うきっかけとし …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!