外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

外壁塗装の塗料は劣化する

投稿日:

外壁塗装塗料はどっちみち必ず劣化するものです。新築後のキラキラ感じられるステキな外壁も、年月の経過とともに多かれ少なかれ劣化していきます。

ある程度の劣化は仕方ないのですが、まわりの環境によって劣化の程度も異なります。陽当たりが強いと紫外線による影響も大きく受けます。風を強く受けるところや、雨水が当たりやすいところも塗料の塗膜は劣化が早くなります。

さらに近年指摘されるように、雨でも酸性雨の影響は大きくなりますし、排気ガスの影響を受けやすい道路沿いのところはまた、劣化も進みます。

th_017

劣化してきた外壁で目立つのは、まずはヒビが入ることです。日光によって塗料の表面が膨れ上がったり、紫外線によって塗料が分解されたりするからです。また、塗料の表面が劣化によってチョークの粉のように白っぽい粉で被われるようになり、手で触るとついてきてチョーキングとも呼ばれます。

チョーキングが起きるような劣化になると、塗料の表面はじつは固くもろくなっています。劣化が進むと分かりやすいのは古く見える、汚れているように見えるということですが、しかし見方を変えると、建物を守る外壁の機能が果たされなくなるということ。

th_0-15

劣化が進めば進むほど、いざ補修して外壁塗装をしようという段階で、費用も嵩みます。もし、陽当たりが悪くてコケやカビが生えやすいと分かっているところならば、最初から特殊な塗料を使うという選択肢もあります。

いずれにしても、永遠に劣化しない塗料というのはありませんから、適切な時期に外壁塗装をやり直す必要になります。

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

塗料の種類、1液タイプと2液タイプ

塗料の種類には1液タイプと2液タイプがあります。その前に樹脂の種類によって、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があり、じっさいのところウレタン系と、シリコン系が多く使われています。 外壁その …

汚れやすい塗料とは?

外壁塗装の塗料では、汚れやすい塗料と汚れにくい塗料があります。汚れやすい塗料をわざわざ使うとは考えにくいので、塗料の性質によっては、汚れがつきやすいといったほうが適切でしょうか。 外壁が汚れる原因は大 …

外壁塗装の塗料に半永久はある?

外壁塗装の塗料に半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。 結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセー …

セラミック複合塗料とは

セラミック複合塗料について。 外壁塗装の塗料に半永久はある?  でご案内しましたように、ひと頃はセールストークとして、セラミック塗料は半永久だと、過剰に宣伝した傾向があったようです。たしかに半永久とい …

塗料で30年持つというのはウソ

うちの塗料は30年持ちます、自社特製の塗料だから・・・という言葉で安く塗装の工事を持ちかけられる、という例があります。正確には私はそう言われたことはありませんが、『この塗料は30年もつ』と営業してくる …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!