外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

外壁塗装の塗料の品質をチェックする

投稿日:

外壁塗装塗料は、品質をチェックしましょう。外壁の劣化の状態によって塗料を使い分けることは、塗料は劣化の状態によって使い分ける のとおりです。

もう少し具体的には、塗料の質をチェックして工事全体の質が高いものにすることです。基本的に外壁は下塗りの塗料と、中塗り上塗りの3とおりの塗料を使います。特に下塗りの塗料は、工事が完成したらもちろん見えないのですが、悪いケースで下塗りは品質の低い塗料を使い、仕上げの表面だけ高い塗料を塗るという実例があります。

見えない部分を低品質の塗料で済ませるだけでなく、木の部分、鉄の部分などどの箇所も区別なく、同じ塗料で済ませるような塗装では、その後の年月の経過で、傷む時期がズレてきます。

高い品質の塗装工事では、木の部分には専用の塗料を使い鉄の部分にもふさわしい専用塗料を用いて、さらにヒビ対策汚れ対策もその壁の現状に合った塗料を使います。工事全体においてすべてが高いレベルの塗料で揃っているならば、全体が同じ水準に保たれますから、結果としてコストパフォーマンスも良くなります。

残念な工事というのは、上塗りに高級な塗料を使って上辺はきれいに見えても下塗りがズサンであったり、汚れやヒビなど現状に対応した塗料を使わないなど、一貫性がない工事です。そのような作業では上塗りに使った高い塗料の分が、むしろもったいない結果となってしまいます。全体の品質が揃っていないと、手を抜いた分の経年劣化が進むからです。

th_038

これらはある意味当たり前のことなのですが、依頼する人が何も知らないと、表面だけはキレイで長持ちしない塗装になってしまうということです。

別項でも触れましたように、塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があります。品質を揃えるというのは、これらの種類を揃えることです。予算の都合ですべて最高級という選び方でないとしても、木や鉄など素材への対応やヒビ、カビなど劣化の現状への対応を可能な限り配慮した選び方のほうが、より満足できる工事となります。

素材対応も劣化の現状対応も、行うとそれだけ時間もコストもかかるのですが、長い目で見ると家の長持ちにつながります。

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

塗料は劣化の状態によって使い分ける

外壁塗装の塗料は、他の項目にありますように半永久的な塗料はありませんし新築後に必ず劣化していくものです。 その劣化に状態に合わせて、ふさわしい塗料を選んで塗ることになります。外壁塗装を行うきっかけとし …

セラミック複合塗料とは

セラミック複合塗料について。 外壁塗装の塗料に半永久はある?  でご案内しましたように、ひと頃はセールストークとして、セラミック塗料は半永久だと、過剰に宣伝した傾向があったようです。たしかに半永久とい …

外壁塗装の塗料に半永久はある?

外壁塗装の塗料に半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。 結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセー …

鉄の部分はサビに注意する

鉄の部分は見た目のキレイさも大切ですが、それ以上にまずサビによって腐っていかないか、腐食を止めることが最重要と言えます。 鉄が赤くさびてボロボロになるときのようすは、だれでも目に浮かべることができるで …

塗料の種類、1液タイプと2液タイプ

塗料の種類には1液タイプと2液タイプがあります。その前に樹脂の種類によって、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があり、じっさいのところウレタン系と、シリコン系が多く使われています。 外壁その …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!