外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

鉄の部分はサビに注意する

投稿日:

鉄の部分は見た目のキレイさも大切ですが、それ以上にまずサビによって腐っていかないか、腐食を止めることが最重要と言えます。

鉄が赤くさびてボロボロになるときのようすは、だれでも目に浮かべることができるでしょう。サビも、表面がただれたようなサビならまだいいのですが、腐食が激しくなってくると鉄パイプに穴が空いたり折れたりします。この段階になると、塗装という以前にその位置で重力を支えているなど、鉄が果たしている役割のために、まずは補修が必要です。

th_004

雨水にさらされるなどして、ベランダの鉄部など家のあちらこちらで鉄の部分の表面がハガレて、ザラザラになっています。それを塗装するには、まずは表面をきれいに磨いていきます。各部分の状態にもよりますが、ナイロンタワシやワイヤーブラシ、サンドペーパーなど各種の工具を使って研磨します。ともかくサビを落として可能な限りツルツルにします。

鉄部を研磨して塗料が乗りやすい状態に整えたうえで、下塗りから始めます。下塗り塗装では、鉄の部分にはしっかりとサビ対策が施された塗料が向いています。さび止め塗料にも種類があり、さび止めの強さにも段階があります。

鉄部の塗装といえばヒサシのトタンや、雨戸、戸袋などあり、それぞれに錆止めの下塗りを行います。鉄部にも二度塗り、三度塗りがありますが、新築後のはじめての外壁塗装では雨戸などの劣化は少ないというケースも考えられます。その際は、それらの鉄部分の塗装を行うか、行うとしたら何度塗りか…という検討もあります。

鉄部に限りませんが工事を依頼するにあたって、たとえば雨戸は塗装の対象となるか否か、ベランダの柵は? 戸袋は? という各部が塗装工事の対象であるか否かは、あらかじめ確認しましょう。傷んでいなくても、塗装後の美しさを、均一に揃えるためにすべて塗るという選択もあります。

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

木の部分は塗装のハガレに注意する

サイディング壁やモルタル壁以外に、塗装にあたっては木の部分があります。木製の雨戸や戸袋もあり、軒裏がベニア板になっていたり、破風板の木製部分もあります。また木で作った濡れ縁もあり、外に見えている柱が木 …

外壁塗装の塗料は劣化する

外壁塗装の塗料はどっちみち必ず劣化するものです。新築後のキラキラ感じられるステキな外壁も、年月の経過とともに多かれ少なかれ劣化していきます。 ある程度の劣化は仕方ないのですが、まわりの環境によって劣化 …

外壁塗装の塗料に半永久はある?

外壁塗装の塗料に半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。 結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセー …

外壁塗装の塗料の品質をチェックする

外壁塗装の塗料は、品質をチェックしましょう。外壁の劣化の状態によって塗料を使い分けることは、塗料は劣化の状態によって使い分ける のとおりです。 もう少し具体的には、塗料の質をチェックして工事全体の質が …

ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?

ウレタン塗料とシリコン塗料では、どちらがいいでしょうか。外壁の塗装に使う塗料にはおよそ4種類(アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系)あり、実際に多く使われているのはウレタン系とシリコン系という …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!