外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

セラミック複合塗料とは

投稿日:

セラミック複合塗料について。

外壁塗装の塗料に半永久はある?  でご案内しましたように、ひと頃はセールストークとして、セラミック塗料は半永久だと、過剰に宣伝した傾向があったようです。たしかに半永久という塗料はありません。

一方でその後の技術の進歩によりセラミック複合塗料とされる画期的な親水性の塗料も用いられるようになりました。セラミック複合塗料は、セラミック配合塗料とは意味が異なります。

セラミック入りというセラミック配合塗料と違って、セラミック複合塗料では、塗料が硬化するプロセスで、セラミック成分が塗膜の表面に浮き上がり、ガラスのようにピカピカで、かつ親水性の塗膜ができあがります。

塗料は油性ですが、塗膜が親水性であるために雨が降ると雨水が、塗膜にくっつきたがる状態になり、つまりは雨水が汚れを流し落としてくれるという、たいへんありがたい状態が生まれます。

th_003

業者でなく、これはサイト管理人なりの表現なので専門的ではありません。しかし言いたいことは何かというと、過剰な宣伝としての「セラミック」ではなく、本当に質が高い「セラミック」が、昨今ではセラミック複合塗料として実現している、ということです。

それを作っているのはSK化研というメーカーです。消費者はそこまで関与できませんが、最先端の技術があるならそれを、適切に使ってくれる業者を探すことが成功のカギだと考えられます。

セラミック複合塗料について、くわしく知りたい方は外壁塗装の赤本を読んでみてくださいネ。資料を取り寄せても決して営業の電話がかかってこないことが特徴です(・∀・)b

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

養生も大切です、外壁塗装。

養生(ようじょう)も外壁塗装において大切な要素です。塗装する限り多かれ少なかれ塗料が周囲に飛び散ることは避けられないものですから、しっかりと養生します。 塗装工事では、塗料がついてはいけない箇所がたく …

外壁塗装 ポイント トラブル

外壁塗装のポイントとトラブルについて。まずチェックポイントをもう一度確認します。見積もりをもらった段階を想定すると、一般には慣れない言葉も使われているはずですが、確認したいことは、たとえばこんな点です …

ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?

ウレタン塗料とシリコン塗料では、どちらがいいでしょうか。外壁の塗装に使う塗料にはおよそ4種類(アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系)あり、実際に多く使われているのはウレタン系とシリコン系という …

塗料はいったい、何年持つと思うのが正解か・・

外壁の塗装をしてもらう立場からすると、その工事でその塗料は何年持つのか、つまり次の工事まで期間を何年開けることができるかは、重要なポイントです。 塗料で30年持つというのはウソ の記事にもありますが、 …

汚れやすい塗料とは?

外壁塗装の塗料では、汚れやすい塗料と汚れにくい塗料があります。汚れやすい塗料をわざわざ使うとは考えにくいので、塗料の性質によっては、汚れがつきやすいといったほうが適切でしょうか。 外壁が汚れる原因は大 …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!