外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

汚れやすい塗料とは?

投稿日:

外壁塗装の塗料では、汚れやすい塗料と汚れにくい塗料があります。汚れやすい塗料をわざわざ使うとは考えにくいので、塗料の性質によっては、汚れがつきやすいといったほうが適切でしょうか。

外壁が汚れる原因は大きく分けると二つあり、一つが油性の汚れです。外壁に汚れとして付着するのは、家庭の台所から換気扇で流れてくる煙や、排気ガスなどいずれ油性の性質を持っています。汚れが油性であることに対して、基本的に塗料は油性なので、塗膜と汚れがともに油性で結びつくという傾向があります。

したがって塗膜は本来は油性であるけれど、塗膜が親水性を帯びると汚れを弾いてくれるようになります。それが別項にありますセラミック複合塗料です。th_DSC06247(詳細は、送られてきたこちらの赤本に情報があります)

もう一つ、外壁の汚れる原因に静電気の発生があります。外壁塗料は合成樹脂でできているため、風が吹いて摩擦が生じると静電気が発生し、ホコリを吸い寄せてしまうという性質があります。したがって静電気の生じにくい、低帯電性の塗料も使われるようになっています。低帯電性の塗料は、静電気を発生しにくいだけでなく、静電気を消滅しやすい性質を持っています。th_0-32

このように、外壁には汚れやすい要因がありますが、汚れをつきにくさという意味で「防汚性」が塗料を選ぶ上での大切なポイントとなります。

これらも消費者が自分で検討することではないかもしれませんが、優れた業者は防汚性をしっかりと考慮して塗料を選んでくれます。

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

塗料は劣化の状態によって使い分ける

外壁塗装の塗料は、他の項目にありますように半永久的な塗料はありませんし新築後に必ず劣化していくものです。 その劣化に状態に合わせて、ふさわしい塗料を選んで塗ることになります。外壁塗装を行うきっかけとし …

外壁塗装の塗料の品質をチェックする

外壁塗装の塗料は、品質をチェックしましょう。外壁の劣化の状態によって塗料を使い分けることは、塗料は劣化の状態によって使い分ける のとおりです。 もう少し具体的には、塗料の質をチェックして工事全体の質が …

木の部分は塗装のハガレに注意する

サイディング壁やモルタル壁以外に、塗装にあたっては木の部分があります。木製の雨戸や戸袋もあり、軒裏がベニア板になっていたり、破風板の木製部分もあります。また木で作った濡れ縁もあり、外に見えている柱が木 …

外壁塗装の塗料に半永久はある?

外壁塗装の塗料に半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。 結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセー …

オリジナル塗料だからいい?

オリジナル塗料だからいいのでしょうか?外壁塗装の塗料について、業者さんによっては「うちではオリジナル塗料を使っているので安く提供できます」と宣伝している場合もあります。 オリジナル塗料を使っているとい …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!