外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

塗らない箇所はここです!

   

外壁塗装において、塗る箇所の明記が見積書でも大切だと 見積書はしっかり確認しましょう!の記事でご案内したばかりですが、もう少し確認します。

塗装工事をお願いする身としては、何度も経験があるという方は珍しいでしょう。10年前に塗装を行っていても、すでに業界のようすも塗料そのものも変わっているからです。

塗る箇所を挙げるよりもむしろ、塗らない箇所を明記してもらうほうがよい、と優良工事店ネットワークのアドバイスにもありました。ユーザーとしては、たとえば門扉も綺麗になると思い込んでいてじつは対象外だった・・・というのは、後から知らされると残念です。しかし見積書が明快ならば、対象外だったとしても事前に対応して、追加してもらうことができます。

あるいは、壁はきれいでも雨戸を閉めて家を見たときに、雨戸だけ古いというのも残念です。ただし、戸袋や雨戸は追加でお願いしないと基本に含まれていないケースは珍しくないので、事前に業者さんとしっかり確認しましょう。

2階にあるバルコニーの床は、塗り替えしないケースも多いようです。家は一軒一軒で事情が異なりますから、依頼主として、より満足する仕上がりのために細かい点も確認したいものです。もちろん、破風や水切りといった細かい部分も確かめたいですね。塗らない箇所に指定されていなければ、塗装してもらえるわけですから、やはり「塗らない箇所リスト」があるとより安心です。

見積書には、使う予定の塗料の名称や樹脂成分なども記されることになります。このように見ていくと、ある日突然の訪問で「今日中に決めたら安くします!」というような経緯で塗装工事をするというのは、どう考えても不自然な気がします。

th_0-17

悪いことは考えたくありませんが、昨今、手の込んだ振り込め詐欺のいろんな手法がニュースで流れてきます。あのような悪質な犯罪が行われているのなら、代金だけ全部受け取って行方をくらますなどという悪モノが、いないとも限らない、と思えてしまいます。サイト訪問者さまにとって、安心で満足できる塗装工事が完遂できますよう願っています。

 

 - はじめに知りたいこと , ,