外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

「キャンペーンだから安い」外壁塗装はあり?

   

キャンペーンだから安いという外壁塗装は大丈夫でしょうか。キャンペーンを全部、否定するわけではありません。しかし、要注意であることは確かです。

先に鵜呑みにしてはいけないキャンペーンについて。これはそもそもキャンペーンが存在するのでなく、即決した人にだけ適用される今だけキャンペーンです。見積もりを一旦見せて、その高い金額の見積もりをキャンペーンなので○○万円お引きできますよ、というパターン。

th_015

そう言われると、終わらないうちに契約しようかと思うのも人情ですが、いきなり、極端なのでは100万近く値引きしますという業者には注意しましょう。それはいわゆる営業トークです。

個人的な話ですが、値札タグに赤線が引かれ、値引き価格が表示されている衣類などを思い出します。最初の価格は何だったの?と思うくらいのプライスダウンの手法です。いずれにしても、本日がキャンペーン終了日というような営業に乗るのは、塗装工事ではたいへん危険です。

なかには会社で限定件数を決めて、あらかじめ価格が決められているキャンペーンもあるようです。その場合キャンペーンをしていること自体は信頼できるかもしれません。しかしあらかじめ使用する塗料が指定されていたり、塗装範囲が狭かったりします。追加分をその家に合わせて計算し直すと、通常と変わらない費用になる場合もあります。

いずれ即決することは、依頼者にとってメリットはありません。むしろ、出された見積もり承諾しないと、業者のほうが何度でも値下げした見積もりを持ってきて契約を迫るというケースもありました。こうなると、見積もりが正当な数字というより、営業手段に使われていると言えそうです。

そのようなトラブルを避けるためにも、見積もりに通常は入るはずの基本項目をあらかじめ知っておくのは、消費者として強みになります。高圧洗浄代、足場代など項目の詳細は見積書の項目、足場代などをご覧ください。

 

 

 - 外壁塗装 費用