外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

外壁塗装の色を選ぶために

   

外壁塗装の色を選ぶために、基本的な色の知識を確認したいと思います。くわしい方はとっくにご存知でしょうけれど、色には「明度」「彩度」「色相」という三つの属性があります。

明度は文字通り明るさです。明度が低い=暗い。明度が高い=明るい、という関係です。彩度は色の鮮やかさを表し、彩度が低い=くすんだ色、彩度が高い=鮮やかという関係。さらに色相は色相環という輪で見ると分かりやすいのですが、赤や青、黄色、緑などの色味を表し、反対側になる色ほど異なる色で補色といいます。モノクロ以外の色はすべて有彩色とも言います。

外壁塗装では汚れの目立たない、人気の色を選ぶのがふつうです。業者さんに見せてもらうと、常備されている色はある程度限られているのですが・・・。

th_047

ちなみにRGB方式と言われるように、液晶画面などは赤(R)と緑(G)、青(B)の三色を加えて混色していく方法で色が決まります。RGBでは、すべてを混ぜると白になります。また印刷などで使われるCMYK式はシアン(Cyan)、マゼンダ(Magenta)、イエロー(Yellow)の色材の三原色を利用した混色方法です。ここに黒(K) を加えた4色が印刷などでは用いられます。こちらでは、すべてを混ぜると黒になります。

RGBでは、原色に近い鮮やかな色を再現できます。一方で、CMYKでは、表現できる色に限界があるとされます。外壁塗装は、モニターや印刷とは異なりますが予備知識が多少あるほうが、塗装の色を決めるうえで参考になるでしょう。外壁塗装の色は、見本で見るよりも実際の面積が広くなるため、予想よりも少しだけ明るくなることを想定しましょう。

 

 

 - 外壁塗装 色