外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 種類

モルタル外壁の下塗り、中塗り、上塗り

投稿日:

モルタル外壁下塗り中塗り上塗りの三度塗りをして仕上げていきます。モルタル外壁にはリシン、スタッコ、吹き付けタイル式などの種類があります。

いずれにしても下準備をしっかりと行って、塗料が確実に付着するようにします。まずは汚れをきれいに落とし、チョーキングがある壁ではチョーキングも落とすために、高圧洗浄で洗い流します。

下地の準備が中途はんぱになると、せっかく三度塗りを行っても仕上げが美しくなりませんし、耐久性にも影響します。ていねいに洗い流し、特にカビが生えていた部分はカビの根っこも取り除きます。モルタルの壁だけでなく、木の部分や鉄部分もそれぞれ丁寧に磨き上げ、さらに塗料がしっかり付くためには、紙やすりなどで多少のザラザラ感を出す場合もあります。

最初の下塗りは、上に塗る塗料の文字通り下地として接着剤的に安定させる重要な部分です。三度塗りで色を変えることで、より完璧な塗り方ができますから、下塗りの場合、中塗りの色とは違う色を選ぶほうがベターな選択です。

th_047

中塗りも丁寧に行い、最後に選んだ色が塗られるのが上塗りです。上塗りが完成の色(希望した色)になります。中塗りと上塗りで同じ色を使う業者もありますが、ここで色を変えるほうがより誠実な工事を期待できます。

上塗りは仕上げですから、ローラーや刷毛などの動きが残らないようになめらかに仕上げます。三度塗りが終わったら、養生したものを外して、さらにはみ出し部分などがないかチェックします。

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 種類
-, ,

執筆者:

関連記事

塗装は3回塗りを確認しましょう

外壁塗装は3回塗りが基本です。というのは、関係者には当然のことでしょうけれど下塗りと中塗り、上塗りの3回です。 最初の下塗りでは、シーラーと呼ばれる下塗り塗料をしっかりと塗ります。下地がきちんと処理さ …

外壁塗装 耐用年数

外壁塗装の耐用年数ですが、塗料による違いはおよそ次にようになります。 アクリル系樹脂の耐用年数::5〜7年 ウレタン系樹脂の耐用年数::10〜13年 シリコン系樹脂の耐用年数::10〜15年 フッ素系 …

外壁塗装 比較 シリコン

外壁塗装を比較すると、シリコンはやはり頻繁に使われています。シリコンとウレタンとを比較すると、ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?にありますように、シリコンの強みは、耐熱温度が高く、耐久性に優 …

外壁塗装 コーキング

外壁塗装のサイディングボードの使用にあたって、ゴム状のつなぎ部分がコーキングで、シーリングとも呼ばれます。 外壁塗装の種類として、サイディングボードやモルタルなどがあることは前項のとおりです。家の外壁 …

足場を組む、外壁塗装

外壁塗装の工事中の家にがっちりとした足場が組まれている光景は、もはや珍しくなくなりました。足場の多くの場合は、パイプを組み立て、板を渡して人がしっかり立つことのできるクサビ足場と呼ばれるものを使ってい …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!