外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

オリジナル塗料だからいい?

投稿日:

オリジナル塗料だからいいのでしょうか?外壁塗装の塗料について、業者さんによっては「うちではオリジナル塗料を使っているので安く提供できます」と宣伝している場合もあります。

オリジナル塗料を使っているというのは、大手の住宅メーカーなどにもよく見られます。成分がオリジナル配合をしているという意味でたしかにオリジナルかもしれませんが、実際のところ、塗料をゼロから作ることは難しいので塗料メーカーに発注して製造してもらうことになります。他社でつくった製品を自社ブランドにするいわゆるOEM商品の一つになります。

問題はそういった形でのブランド商品(オリジナル塗料)が、近ごろは塗料メーカーも増えたことにより多様化しているということ。つまり大手の住宅メーカーからオリジナル塗料といわれると、信頼性が高いように見えますが、実際の品質の、先のことはほんとうは分からない部分があるということです。

th_0-04

たとえば○十年くらいの耐久性があるといっても、塗料に半永久はないと考えたほうが賢明です。塗料に半永久はないし、かりに何十年というスパンで耐久する塗料があったとしても、モルタル壁もサイディング壁も、○十年ものあいだ、ひび割れを完璧に防ぐことは難しいからです。

あるいはサイディング外壁の目地にシーリング(コーキング)が使われますが、シーリングそのものにも耐久年数がありますから、シーリングの上にさらに塗料を塗る場合でも、その耐用期間には限度があります。

つまり「オリジナル塗料」を使ったとして、そのオリジナル塗料が優れていたとしてもなお、それによって半永久の塗装というのは事実上むずかしいのです。オリジナル塗料を全否定したいのではありませんが、この観点からも、表向きの宣伝でなく実質的に良心的な作業をしてくれる業者さんを探すことが、やはりポイントと言えそうです。

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

塗料の種類、1液タイプと2液タイプ

塗料の種類には1液タイプと2液タイプがあります。その前に樹脂の種類によって、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があり、じっさいのところウレタン系と、シリコン系が多く使われています。 外壁その …

塗料は劣化の状態によって使い分ける

外壁塗装の塗料は、他の項目にありますように半永久的な塗料はありませんし新築後に必ず劣化していくものです。 その劣化に状態に合わせて、ふさわしい塗料を選んで塗ることになります。外壁塗装を行うきっかけとし …

鉄の部分はサビに注意する

鉄の部分は見た目のキレイさも大切ですが、それ以上にまずサビによって腐っていかないか、腐食を止めることが最重要と言えます。 鉄が赤くさびてボロボロになるときのようすは、だれでも目に浮かべることができるで …

外壁塗装の塗料の品質をチェックする

外壁塗装の塗料は、品質をチェックしましょう。外壁の劣化の状態によって塗料を使い分けることは、塗料は劣化の状態によって使い分ける のとおりです。 もう少し具体的には、塗料の質をチェックして工事全体の質が …

外壁塗装 ポイント トラブル

外壁塗装のポイントとトラブルについて。まずチェックポイントをもう一度確認します。見積もりをもらった段階を想定すると、一般には慣れない言葉も使われているはずですが、確認したいことは、たとえばこんな点です …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!