外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

外壁塗装 ポイント トラブル

投稿日:

外壁塗装ポイントトラブルについて。まずチェックポイントをもう一度確認します。見積もりをもらった段階を想定すると、一般には慣れない言葉も使われているはずですが、確認したいことは、たとえばこんな点です。

◎塗装はきちんと三度塗りするように塗料を準備しているか

塗装しない箇所はどこか明記されているか

◎質の良い塗料を、一貫して選んであるか(質が異なるとあとから見た目も一貫しなくなります)

他にも細かい点はありますが、三度塗りは重要ですし、どこを塗るか(塗らないところはどこか)も、必ず明らかにしたい項目です。

ところでトラブルというのは、ご近所との関係のあるトラブル(水がはねる、塗料が飛散してしまった)もありますが、発注した側からすると根本的なトラブルは、上記にもあるように、塗装されると思っていた箇所が塗られていないという行き違いです。th_0-75

木部、鉄部などのくわしい「塗る、塗らない」は、むしろ塗らない箇所を明記してもらうことでトラブルを避けましょう。また、工事が終わったあとの保証についても、口約束の保証は、ないのと同じ程度です。書面の保証書をしっかりと確保して、保管しましょう。

もっとも保証書があればすべて解決というものではないので、極端な場合、連絡がとれなくなったらいろんなことが不可になります。当初から信頼できる業者を選択することがコツとなるでしょう。

お隣さんなどご近所に迷惑がかからないよう、養生をしっかりとやってほしいものです。近所の車でも自家用車でも、車が心配なときには専用のシートを使います。また、高圧洗浄のパワーが激しくて、窓があいて家の中が濡れるというトラブルは意外と多く見られます。

それは、業者からスケジュールを確認して、窓のカギも忘れずに閉めましょう。細かいことですが、いざ高圧の水が室内に流れると、結構な被害となります。

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

オリジナル塗料だからいい?

オリジナル塗料だからいいのでしょうか?外壁塗装の塗料について、業者さんによっては「うちではオリジナル塗料を使っているので安く提供できます」と宣伝している場合もあります。 オリジナル塗料を使っているとい …

塗料の種類、1液タイプと2液タイプ

塗料の種類には1液タイプと2液タイプがあります。その前に樹脂の種類によって、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があり、じっさいのところウレタン系と、シリコン系が多く使われています。 外壁その …

汚れやすい塗料とは?

外壁塗装の塗料では、汚れやすい塗料と汚れにくい塗料があります。汚れやすい塗料をわざわざ使うとは考えにくいので、塗料の性質によっては、汚れがつきやすいといったほうが適切でしょうか。 外壁が汚れる原因は大 …

外壁塗装の塗料に半永久はある?

外壁塗装の塗料に半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。 結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセー …

木の部分は塗装のハガレに注意する

サイディング壁やモルタル壁以外に、塗装にあたっては木の部分があります。木製の雨戸や戸袋もあり、軒裏がベニア板になっていたり、破風板の木製部分もあります。また木で作った濡れ縁もあり、外に見えている柱が木 …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!