外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 色

色褪せしても目立たない外壁の色

投稿日:

外壁の塗装では色痩せしない色(色痩せしても目立たない色)が大切です。塗ったあとに汚れの目立たない色も、もちろん重要。

汚れが目立たない色は、グレー系、ベージュ系というのが定番でした。「汚れ」という色があるとしたら、中間系の色になるからです。ホコリでもコケでも結局は薄い色です。

一方で「色痩せ」ですが、塗装して時間の経過とともに色痩せが感じられるのは、原色です。真っ黒なあるいは真っ赤な壁だとしたら(現実には少ないですが)、もともとの鮮やかな色に比べて色痩せした段階で、かなり目立ってしまいます。目立たない工夫は、やはりグレーやベージュのように中間色になります。

th_0-55

せっかくのわが家だから、個性もちょっぴり出してみたい・・・という気持ちも湧いてきます。しかし、長い間、毎日の馴染みある風景に、わが家が溶け込んでいるか。それを考えるとあまり周囲に威圧感を与えるような、色は避けたくなりますネ。th_0-48

(可愛い!と思ったら郵便局でした)

観光地などで、景観のために全国ではお馴染みの色のコンビニやファーストフードのお店が、地味な中間色に塗られているのを見かけます。なるほど・・・そこがお店でなく、家だったらなおのこと、原色は避けたくなります。

余談ですが、渡欧して絵の勉強をしてきた絵描きさんから、せっかく身につけた色の感覚が、日本に戻ってからは調子がおかしくなったという話を聞きました。湿度も光の性質も、地域のよって違うので、使うべき絵の具も溶剤も違うのだそうです。

そういう意味で同じ日本でも、沖縄と北海道では沖縄のほうが原色が似合うようです。あるいは、緑と赤、オレンジと紺といった補色系の組み合わせも、かなりピーンとした空気を醸し出してしまいます。

色痩せについては、汚れ対策と同じように薄めの中間色を選ぶことが原則です。しかし、原色でなければグリーン系を選ぶ方も、ブルー系を選ぶ方もいます。専門家に相談しながら進めたら、選択肢は予想以上に広いので、あまり萎縮する必要はなさそうです。

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 色
-, ,

執筆者:

関連記事

濃い色と薄い色、汚れが目立たない外壁は?

濃い色と薄い色で、汚れが目立たない外壁は何を選んだら良いでしょう。その前に汚れとは何色? と考えてみると、汚れがたとえば黒々としているということは、意外とありません。 もし壁に濡れたままの泥の土が、強 …

ミルクティーのような外壁に変えてみた実例

外壁の塗装にあたり、わりと明るい(明る過ぎ・・?でもない程度)クリーム色またはレモン色だった家から、落ち着いたミルクティーのような色に変わった知人の家。色の変化を比較するため、了承を得て写真をお借りし …

汚れの目立たない屋根の色は?

汚れの目立たない屋根の色は?なんでしょうか? 汚れの目立たない外壁の色は? というテーマはよくあって、概して薄めのグレー系やベージュ系が推奨されています。 一方で「汚れの目立たない屋根」については、比 …

外壁塗装 色

外壁塗装の色については、もちろん好みの色を選んでいくわけですが、気をつけたい点があります。それは、色は、サンプルで見たときの印象と、実際に外壁として塗ったときの印象が異なる場合があることです。 小さい …

外壁塗装の色を選ぶために

外壁塗装の色を選ぶために、基本的な色の知識を確認したいと思います。くわしい方はとっくにご存知でしょうけれど、色には「明度」「彩度」「色相」という三つの属性があります。 明度は文字通り明るさです。明度が …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!