外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

はじめに知りたいこと

外壁塗装、消費者センターからのアドバイス

投稿日:

外壁の塗装については、消費者センターから具体的なアドバイスが発表されています。項目を追ってご案内します。その前に 悪徳業者の手口とは?にありますように、消費者センターには毎日、毎日たくさんの苦情や相談が持ち込まれています。その実例も、感心してしまうくらい(!?)巧妙な手口があります。

 

今回はその対策です。消費者センターのサイトでも詳しく解説されていますが、代表的なアドバイスから、まずは2点のご紹介です。

1)見積もりを複数とって金額と工事内容を確認する。

工事を依頼するときは、工事内容の見積りを必ずとり、見積り内容について分からない点は、業者に必ず確認する。緊急性が高い工事でない場合は、複数の業者から見積りをとり、金額や工事の内容について必ず業者に説明を求める。重要なことは、工事金額だけでなく、工事の施工内容について、また、工事に用いる材料の種類や数量、単価や工事期間などについても業者に説明を求め、不明な点があれば、建築士などの専門家にも聞いてみる。

↑このようにアドバイスされていますが「金額だけでなく」と明記されるように、施行内容(何回塗りか)や工事期間など、基本的な事項の確認は欠かせませんね。もちろん、使う素材の種類も、数量も・・・

2)工事内容について業者と話し合ったことは、記録に残す。

工事内容について、口頭で依頼する口約束は、トラブルになった際に「言った、言わない」の応酬になりがちである。また、契約を結ぶ業者が、近所、知り合い、知人であったりする相談も目立つ。そういった場合、トラブルがあっても断りにくく、消費者が悩んでしまうケースも多く見られる。トラブルを未然に防止するためには、工事内容についての取り決めなどは書面に記載し、業者名や連絡先の入った書面の交付を求めること。知り合いの業者であっても同様である。

↑ひとことで言うと「書面に残す」こと。むしろ知人などのほうが遠慮して書面に残しにくいという実情があります。消費者センターのアドバイスは、頻発する実例からその対応を示しているので、逆にいえば、知人や紹介の業者だからこそ、あとからトラブルになり、面倒であるという現象が読み取れます。たとえ業者が友人であったとしても、心を鬼にして(?)、しっかり書類を作りましょう。

th_027

他にも消費者センターの公開している助言はあります。ともかく重要なのは「必要性について検討する」ということ。もし突然の訪問を受けて、たとえば屋根の塗装が危険であるかのような話をされると、慌ててしまいがちです。しかし外壁も屋根も大事な工事ではありますが、だからこそしっかりと検討して、優秀な業者に工事をお願いしたいものです。

トラブルの実例で、その日のうちに屋根を洗浄し、塗料の代金を先に請求されたので支払ったがその後、連絡が取れないというケースがありました。当日に屋根の洗浄をすることで、工事という臨場感を演出したかのような例です。塗料の代金といえば相当の金額を、受け取るだけ受け取って姿をくらました、悪質な例です。

ひとことで言うなら詐欺行為ですね。残念ながらそんな実態が起きているのが外壁塗装の現場です。地震については、なにかと話題になりがちですが、悪用して「地震が来たら屋根が崩れる」といった言葉で強引に契約を迫る例もありました。

 

外壁も屋根も塗装は必要。リフォームも必要。しかしじっくりと対処するようにしたいものです。

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-はじめに知りたいこと

執筆者:

関連記事

外壁塗装赤本青本

外壁塗装の赤本・青本とはズバリこちらで紹介している、外壁や屋根の塗装、あるいはリフォームについての分かりやすいコンパクトな小冊子のようなもの。小冊子といってはいけないでしょうね。かなり立派な冊子です。 …

家の塗装

家の塗装という、今さらながらですが家・塗装のポイントを確認しています。 家の塗装は、内装の壁などを別とするとおもに外壁の塗装と屋根の塗装になります。外壁の塗装は新築から8年から10年くらい経過すると、 …

外壁塗装の知識を最低限は身につけましょう!

外壁塗装の知識を最低限は身につけておくことが、成功への第一歩と言えます。 外壁塗装について、最初はだれでも「何も分からない」状態です。そもそもどこに依頼したらいいか分かりません。知らない業者に発注して …

外壁塗装はどこに頼んだらいい?

外壁塗装はどこに頼んだらいいでしょうか? これは「外壁塗装は何のため!?」と同様に基本的なことです。かつ、ここを間違わなければ大半の課題はクリアできそうです。 初対面の業者に頼んでも大丈夫か。その後、 …

塗らない箇所はここです!

外壁塗装において、塗る箇所の明記が見積書でも大切だと 見積書はしっかり確認しましょう!の記事でご案内したばかりですが、もう少し確認します。 塗装工事をお願いする身としては、何度も経験があるという方は珍 …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!