外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

塗装屋さんが訪ねてきました

   

塗装屋さんの訪問でした。昼間に出かけるときに郵便受けに赤いパンフレット。開いてみたら「住まいの塗り替え屋根工事一式」という近隣の塗装屋さんのものでした。

あら珍しいと思いました。工事のついでにポスティングしたのかなと。ーーそして夜、7時だったか8時前ころかと思いますが、その工事店を名乗る方の訪問がありました。「塗装のことでお話が・・・」とのこと。

台所で火を使っていたし、夜というのに少し驚いたし、今回はインターフォンでお断りしました。しかし、このあたりでも業者の人が訪ねてくるのかと、今さらながら感心しました。

このあたり・・といっても典型的な住宅地ですから別に不思議はないのですが。ポスティングされていたチラシには、さすがに価格は書いていませんでした。しかし塗装工事の工程が記され、実例の家の写真があり、住まいに関することならお気軽にご相談くださいと、書かれていました。

最新技術ということで、セラミック塗装の写真が強調されていました。「職人直営です」との記述もありました。ほんとうは少し、お話を聞いてみたかったのですが、何せ夜だったので・・^_^;

th_0-08

この工事店については、くわしく話を聞いていないし、良いも悪いもありません。ちょっと訪問時間には驚きましたが・・。

 

それにしても、最近は家の周囲をちょっと散歩すると、必ずといってはオーバーですが、ともかく足場が組まれていて外壁塗装をしている家が多くなった気がします。

このチラシで印象的だったのは、アフターケアがあるようです。年に2回、点検を実施するとのこと。年に2回も来てくれるのでしょうか?実態はよく分からないながら、この業界もこのように熱心に、営業しているのかと、その実例を見たような気がします。

ただ、こちらも何にも知らずに「そうですか、はい」だけの段階でなく、少しは屋根についても外壁についても、ポイントを知っておいたほうがいいのかもしれません。

温かくなってきて、たしかに工事の時期なのでしょう。

 

 - 外壁塗装 業者