外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

外壁塗装 比較 シリコン

   

外壁塗装を比較すると、シリコンはやはり頻繁に使われています。シリコンとウレタンとを比較すると、ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?にありますように、シリコンの強みは、耐熱温度が高く、耐久性に優れています。耐用年数は、ウレタン系が10年〜13年とすると、シリコン系の塗料は10〜15年と、若干ですが長くなります。

優れているため、ウレタンよりもコストは高くなりますが、しかし極度に高くなるわけではないため、近ごろは比較の結果としてシリコンを使う人が増えています。

ただし、シリコン系でもウレタン系でもそのなかでの価格にも幅があります。シリコンを選ぶにしても、下塗り、中塗り、上塗りにおいて同じレベルのものを選ぶことで質が保たれます。木部、鉄部にも塗料が必要で、そこに使う塗料についてもあらかじめ明記してもらうことが望まれます。

th_039

もちろん、工事する家の外壁の状態によってその塗料のどれくらいの量を使うべきか、異なってきます。このあたりは発注する消費者としては、専門家が適切な判断をしてくれることを期待するしかありませんネ。

外壁の塗装を行う業者は、近ごろ増加傾向にあります。たくさんの業者が活動しているからこそ、失敗しない選び方をしたいものです。

 

それから消費者は工事のあいだずっと、作業を見ているわけではありません。なので同じシリコン塗料だとしても、それをほんとうに3回塗ったのか、結果だけを見ると分からないのも実情。なので優良工事店ネットワークでは、2回目と3回目の色を変えて塗るほうが、より丁寧で確実な業者さんのやり方だ、ということを解いています。

 

 

 

 - 外壁塗装 種類