外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

塗料で30年持つというのはウソ

投稿日:

うちの塗料は30年持ちます自社特製の塗料だから・・・という言葉で安く塗装の工事を持ちかけられる、という例があります。正確には私はそう言われたことはありませんが、『この塗料は30年もつ』と営業してくる例は多々あるそうです。

 

現実には耐用年数が30年という塗料は存在せず、日本国内のトップメーカーがいま出している塗料では、最長でも20年となります。自社オリジナルといういわば便利な言葉を使って30年とされても、本当ならばどのようにして30年という技術を獲得したのか脚光を浴びるところであり、ほんとうは信憑性に欠けるでしょう。

また、塗料のメーカーでは耐用年数およそ15年と表示されている塗料を使って、30年持つと宣伝している業者もあります。この辺りは、残念ながら、悪徳業者といえそうな業者がたくさんいるという現実です。

 

塗装の耐用年数は、ほとんど「塗料の耐用年数」に寄ります。しかし、外壁自体がかなり傷んでいたりすると、その傷みをしっかりと補修してから塗装するか、逆に補修せずに強引に上から塗ってしまうかで、持つ年数はまるで違ってきます。

th_0-09

費用が妥当ならば、耐用年数が長い塗料を使うに越したことはありません。ただし、塗料の塗膜が劣化しても、外壁の外素材自体に傷みがなければいいのですが、もし外壁の内部まで傷んできたら、いわば「表面」である塗装の塗膜だけ長持ちしても、現実には、壁は長持ちしません。

 

このあたり、当たり前のようなことですが、いざ、業者から30年持つと話を持ちかけられると、気持ちがグラッといったりします(・∀・)/~

0-12

シンプルに、要点はこれです。新築の家が初めて外壁の塗装をするのは8〜10年後くらい。さらに、2回目の塗装は10〜15年くらい。

これが目安になります。むしろ初めての塗装工事が意外と早く行う必要があります。何故なら新築時には、わりと耐用年数の短い塗料を使うことでコストを抑えて売り出されている場合が多いからです。

 

いずれにしても、信頼できる業者に相談することが幸いです。

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料

執筆者:

関連記事

ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?

ウレタン塗料とシリコン塗料では、どちらがいいでしょうか。外壁の塗装に使う塗料にはおよそ4種類(アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系)あり、実際に多く使われているのはウレタン系とシリコン系という …

セラミック塗料の種類

セラミック塗料の種類としておよそ次の三つのものがあります。 1)デザインのためのセラミック仕様 外壁の見た目のバリエーションを豊かにするために、セラミックが骨材として使われる場合があります。砂岩のよう …

外壁塗装 塗料

外壁塗装の塗料には種類があります。大まかにいうなら次の4種類を挙げることができます。また、耐用年数については、これも概数として添えると次のようになります。 1)アクリル系樹脂の塗料・・・5〜7年 2) …

塗料の種類、1液タイプと2液タイプ

塗料の種類には1液タイプと2液タイプがあります。その前に樹脂の種類によって、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があり、じっさいのところウレタン系と、シリコン系が多く使われています。 外壁その …

塗料は劣化の状態によって使い分ける

外壁塗装の塗料は、他の項目にありますように半永久的な塗料はありませんし新築後に必ず劣化していくものです。 その劣化に状態に合わせて、ふさわしい塗料を選んで塗ることになります。外壁塗装を行うきっかけとし …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!