外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

リフォーム

リフォームの金額はどうやって決まるか

投稿日:

リフォームの金額は、依頼先によってかなり大きく違います。見積もりを複数の会社に依頼すると分かりますが、同じ工事をするのに2倍くらい金額が違うというケースもあります。

では、見積りの高い業者は異様な業者で、ぼったくりをしている??と考えたくもなりますが、簡単に決めつけることはできません。一方で、見積りの安い業者は、いい加減な工事しかしないのか? これもそう思いがちかもしれませんが、やはり不明です。

まさに専門家のやっている仕事で、消費者にはさっぱり分からなくなります。しかし、ほんとうは内輪にはよくわかる話だそうです。金額の違いはどこから生じるかというと、リフォーム業界の仕組みが原因だとのこと。

その仕組みとは何でしょう。リフォームをやっている会社には、1)リフォームの営業会社、2)工事店や塗装店、3)個人で営業している店という、大きく3通りの営業の仕方があります。

th_017

まずは、数人でやっているような3)の個人店に仕事を依頼するとしたら、費用はいちばんシンプルです。経費は『人件費+材料代+諸経費』と考えると、仮に人件費が2万円だとして、材料代が 1万円、諸経費が3000円だとしたら総計は33000円になります。

さらにこれを2)の工事店に依頼した場合、つまり塗装会社や工務店だとしたら、会社としての利益が必要になります。そこで先ほどの33000円では不可となります。利益を乗せて、たとえば38000円くらいになるとされます。会社組織での仕事を依頼すると、先ほどの個人店での33000円を原価のように考えると分かります。

さらにさらに、1)のリフォーム営業会社の場合はどうでしょうか。そこでは受注した工事をさらに下請けの工事店に依頼します。広告が目立つ業者はほとんどこちらのタイプ。リフォームの会社なのに内情としては職人と呼べる人はほとんどいないのが現状です。

この場合は、先ほどの下請け工事店(実際のしごとはこちらがやります)の見積りにプラスして、自社利益を確保しますから、約3割くらいは上乗せすると考えられます。先ほどの38000円から考えると、低めに計算しても5万円は下らなくなります。

つまり、どこに依頼するかによって、こんなにも金額は変わってきます。先ほどの例は一日としての概算なので、33,000円、38,000円、50,000円という違いを、仮に20倍するとしたら、66万、76万、100万という違いになることが想定されます。

なので結局『どこに依頼するか』が大きいということ。

最高にコストパフォーマンスが良いという意味では、個人でやっている店ということになりますが、現実的には二人で仕事をしても追いつかず、やはり人数が必要ですから、仕事を外に依頼する部分は出てきます。

したがって現実的には、2)の工事店や塗装店に依頼するのが、もっとも良さそうです。くわしくはこちらから見てみてくださいね。

 

>> リフォーム

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-リフォーム

執筆者:

関連記事

クローゼット リフォーム

クローゼットのリフォームというと、細かいリフォームのようですが、じつは需要も多いのがクローゼットなど収納スペースにかかわるリフォームです。 そしてじつは収納スペースのリフォームほど、ほんとうのプロの腕 …

リフォーム 相場

リフォームの相場をひと言で表すのは難しいことです。当然ながらどこをリフォームするかによって異なるからですが、一つだけ、適切な相場でリフォームを行ってもらう方法があります。 それはシンプルなことですが、 …

住宅ストック循環支援事業補助金について(早い者勝ち?)

国土交通省の「住宅ストック循環支援事業補助金」のページは、以前から、そして本日2017年1月30日現在も「お問い合わせ窓口は、多数のお電話を頂いており、繋がりにくくなっております」と記されたままです。 …

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いは何でしょうか? その語句が現在どのニュアンスで使われているかという流動的な意味で考えると、近ごろリフォームとリノベーションの区切りが曖昧になってきたと言えそうです。 …

リフォーム価格無料比較

リフォーム価格の無料比較は可能です。家をリフォームしたいと検討中の方なら、無料で見積もりを出してもらえる業者を複数みつけて、複数の見積もりを比較すればいい、ということになります。 そこで、もっともシン …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!