外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

汚れの目立たない屋根の色は?

      2019/12/15

汚れの目立たない屋根の色は?なんでしょうか?

汚れの目立たない外壁の色は? というテーマはよくあって、概して薄めのグレー系やベージュ系が推奨されています。(参照記事:外壁塗装 汚れが目立たない色 濃い色と薄い色、汚れが目立たない外壁は?

一方で「汚れの目立たない屋根」については、比較的話題になる頻度が低いようです。外壁は汚れているか否か目に付きやすいけれど、屋根は遠めに少し見えている・・・というのが実情です。近隣の家について「あの黄色っぽい壁の家」という言い方はあるけれど「あの黒い屋根の家」等はあまり耳にしません。

しかし、屋根に上る仕事をしている人によると、屋根の上というのは恐ろしく汚れている場合が多いそうです。近ごろは屋根の上に、住んでいる人が上るという状況があまり考えられませんが・・。

汚れの目立たない屋根の色も、では外壁と同じかというと違います。外壁とまったく同様にして中間色を選ぶと、屋根としては汚れが目立ってしまいます。壁よりも砂などが洗い流されにくいだけ、壁よりもやや濃いめの色を選ぶのが無難と言えそうです。

もっとも屋根は家全体のデザインとの関わりがありますから、傾斜の角度や周囲からの見え方などを考慮して、少しダークな色を選ぶことになりそうです。おおざっぱに「黒い屋根」といっても、実際に真っ黒な黒はそう多くありません。同系色のなかでも濃さについて絶妙な、いい具合の色を選びたいものです。

 

th_0-69一昔前は「南欧風」のデザインなどが提案され、流行だった時期もありました。○○風かどうかはともかく、いま屋根の塗り替えを検討している方は、よその地域の住宅街を歩いて参考にさせていただくのも良さそうです。

 

ちなみに家の写真を用いてカラーシミュレーションができると、かなり納得の選択が可能ではないでしょうか。優良工事店ネットワーク外壁塗装の赤本)では、工事にあたってカラーシミュレーションもサービスされています。くわしくは無料資料請求できる赤本を見てみてください。

 

 - 外壁塗装 色