外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 色

外壁塗装の色、人気のミルクティー

投稿日:

外壁塗装で人気のある色彩の代表は、ベージュや薄茶色あたりです。ベージュと薄茶色がどう違うかというのは(笑)、ちょっと置いておいて・・・

意外と、知られていないけれど、これミルクティー色かと思われるのが、こちらです。

th_DSC08277

正式な呼び方ではありませんが、ベージュよりは少し白っぽく、かといって白ではなく温かみがあって新鮮です。

ありそうでなさそう・・・な色(?)に見えるようです。かといって、特に珍しい色ではないため、周囲との調和もまず問題ありません。この実例では、周りの家々が茶系が多いようで、茶色そのものでなく、かといって周りに浮かない色を探したらこの色になったという経緯。

真っ白でもなく、黄色っぽくもなく、ベージュとも違う・・・という満足感があります。

近ごろは猛暑の日々ということもあり、外壁の塗装は、いっそ「涼しそう・・」をテーマにしてもいいのかもしれません。しかし、冬になればやはり「温かそう」に惹かれます。日本ではやはり涼しいだけでも温かいだけでもダメで、四季にしっかり対応することが必要のようです。

 

いずれにしても、色の見本だけでは、大きな面積で見るとイメージが異なります。先述のように家全体に塗装すると、小さい見本で見るときよりも「明るく」なります。

色を選ぶというのは、車を購入するときもあれこれ、家族で迷ったりしますが、家もやはり、というより車以上に「色の最大の迷い」かもしれません。

しかし、家を新築し直すのは大変ですが考えようによっては、塗装で家のイメージは一新されますから、あらためて便利な方法が「外壁塗装」だと言えます。

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 色

執筆者:

関連記事

外壁塗装 色

外壁塗装の色については、もちろん好みの色を選んでいくわけですが、気をつけたい点があります。それは、色は、サンプルで見たときの印象と、実際に外壁として塗ったときの印象が異なる場合があることです。 小さい …

濃い色と薄い色、汚れが目立たない外壁は?

濃い色と薄い色で、汚れが目立たない外壁は何を選んだら良いでしょう。その前に汚れとは何色? と考えてみると、汚れがたとえば黒々としているということは、意外とありません。 もし壁に濡れたままの泥の土が、強 …

色褪せしても目立たない外壁の色

外壁の塗装では色痩せしない色(色痩せしても目立たない色)が大切です。塗ったあとに汚れの目立たない色も、もちろん重要。 汚れが目立たない色は、グレー系、ベージュ系というのが定番でした。「汚れ」という色が …

汚れの目立たない屋根の色は?

汚れの目立たない屋根の色は?なんでしょうか? 汚れの目立たない外壁の色は? というテーマはよくあって、概して薄めのグレー系やベージュ系が推奨されています。 一方で「汚れの目立たない屋根」については、比 …

外壁塗装 おすすめ 色

外壁塗装でおすすめの色は? というと、一般に好かれる傾向は白やベージュ、クリーム色、グレー、茶系の色など、意外というかやはりというか、割りと地味で大人しい色が多く挙げられます。 やはり日本人は(私もそ …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!