外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

ミルクティーのような外壁に変えてみた実例

      2019/12/15

外壁の塗装にあたり、わりと明るい(明る過ぎ・・?でもない程度)クリーム色またはレモン色だった家から、落ち着いたミルクティーのような色に変わった知人の家。色の変化を比較するため、了承を得て写真をお借りしました。

 

レモン色といってもいいかな、という明るい壁でした。

th_dsc08234

 

色のトーンを抑えて、こんな感じのミルクティーベージュ? の色に。

th_dsc08276

 

外壁のイメージが、かなり違いますね。

上の写真はかなり明るく写ったものなので、実際はそんなに眩しい色ではありません。しかし少々明るめの、レモンのような色でした。

 

th_DSC08278

 

th_dsc08270

いまは、かなり落ち着いています。

綺麗になるのは、ともかく気持ちがよいと満足していました。

この家の場合、決して目立った色ではなかったのですが、外壁の塗装をし直してみるとグッと落ち着いた印象になりました。

 

* * *

 

一般に色選びのコツとして「彩度は低く」というのがあります。

彩度が高い色は、意図せずともまわりの家から目立って、悪くすると浮いた感じになるリスクがあります。彩度が高いばかりに、家の作りは上品なのに、落ち着きがなくて雑な印象になるケースも・・・

色の選択はやはり重要ですね。

慎重に選びたい場合は、より彩度を控えめに、色は濃い目に・・というくらいでちょうど良いもの。

th_DSC08261

工事中は、まあ落ち着かないものですが、終わるとスッキリ。

もし2色を使うなら、同系統の色というのは鉄則でしょう。すぐにでなくても、外壁の塗装を検討中の方は、散歩中でもそういう目で家々を見させてもらうと、参考になりますね。

 

 

 

 - 外壁塗装 色