外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

外壁塗装 塗料

塗料はいったい、何年持つと思うのが正解か・・

投稿日:

外壁の塗装をしてもらう立場からすると、その工事でその塗料は何年持つのか、つまり次の工事まで期間を何年開けることができるかは、重要なポイントです。

塗料で30年持つというのはウソ の記事にもありますが、そもそも塗料にはそれぞれの持ち方があり、過剰な誘い文句には乗らないことです。


過剰とはもちろん、耐用年数のこと。仮に「30年もつ」と宣伝されても、正確にその塗料の耐用年数が何年であるか、素人には分かりません。

また、仮に塗料の名称などから調べたとしても、その結果が正しいか、確証も持てないもの。

というより、消費者が塗料の耐用年数を調べるなんて、そんなことはしたくないです。前提として、お願いする業者さんが信頼できる所であること・・・やはりこれが一番ではないでしょうか。

 

 

 

もう一つ、素人に分かりにくいのは、塗料を塗るその外壁の「状態」です。築後◯◯年ということは家の持ち主は分かりますが、外から見ての外壁の傷み具合と、専門家が見る傷み具合は異なります。

本来は、塗料を塗る前の修復が重要な案件で、それを正直に家主に報告し、見積額が上がることで工事を躊躇われると困る・・と考える業者心理もないとは言えないことでしょう。


できるだけ安く。しかし、ちゃんとした工事をしてほしい。

といういわば当たり前の気持ちですが、その消費者心理に正直に誠実に答えてくれる業者を探したいものです。

 

特に「我が社オリジナルの塗料は、持ちが違う」といった言説には惑わされないように。オリジナル塗料がそんなに良かったら、もっと業界に広まっている、もしくは他社も、追いつくための企業努力で何らかの動きが出ているはずです。

 

 

フォト(仮アップ中)



フォト(仮アップ中)



-外壁塗装 塗料
-

執筆者:

関連記事

外壁塗装の塗料に半永久はある?

外壁塗装の塗料に半永久的なものはあるかという素朴な疑問について。 結論として、ありません。どんな分野でも私たちは半永久という言葉には惹かれます。そしてひと頃「セラミック塗料は半永久的」というようなセー …

セラミック複合塗料とは

セラミック複合塗料について。 外壁塗装の塗料に半永久はある?  でご案内しましたように、ひと頃はセールストークとして、セラミック塗料は半永久だと、過剰に宣伝した傾向があったようです。たしかに半永久とい …

セラミック塗料の種類

セラミック塗料の種類としておよそ次の三つのものがあります。 1)デザインのためのセラミック仕様 外壁の見た目のバリエーションを豊かにするために、セラミックが骨材として使われる場合があります。砂岩のよう …

ウレタン塗料とシリコン塗料、どちらがいいの?

ウレタン塗料とシリコン塗料では、どちらがいいでしょうか。外壁の塗装に使う塗料にはおよそ4種類(アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系)あり、実際に多く使われているのはウレタン系とシリコン系という …

外壁塗装 ポイント トラブル

外壁塗装のポイントとトラブルについて。まずチェックポイントをもう一度確認します。見積もりをもらった段階を想定すると、一般には慣れない言葉も使われているはずですが、確認したいことは、たとえばこんな点です …

こんな本が欲しかった!! 
資料(赤本・青本)を請求しても、電話はかかってきません。


これで助かりました!お取り寄せはこちらから↓↓

外壁塗装の赤本を読んでみようかな? 

ご訪問ありがとうございます。このサイトは業者でなく、外壁塗装を依頼する消費者の立場から開いています。だいぶ前ですが実家に、母が一人のときに訪ねてきたある塗装業者(?)の営業トークはちょっとヒドイものでした。そのときの驚きや怖さから外壁塗装について調べるようになりました。一つでも参考にしていただけるものがありましたら幸いです。幸運をお祈りしています。

 

外壁塗装とは別にリフォームをお考えの方は参考になります。
<無料>カンタン10秒で適正価格をチェック!