外壁塗装おすすめ

外壁塗装の費用とリフォームのローンなど外壁塗装を失敗しないための諸情報です。コツは工事を安心して委ねられる業者を探すこと。何も知らずに始めると100万単位の損失があり得るのが外壁や屋根塗装、耐震工事などのこの分野です。基本的な知識を得られる赤本青本の無料プレゼントもあります。

*

見積書の確認が重要です。塗装を始める前に・・・

   

外壁塗装の工事を依頼して、始めるとしたら、その前に通常は見積書を作成してもらい、確認することになります。

 

相応の出費を伴う工事ですから、事前確認は怠ってはいけません。総額が結局いくらなのか、という点に意識が行くのは当然のことです。しかし、「全部で◯◯万か。前回より安いかな」とかいう程度の問題ではありません。

決してドンブリ勘定的な意識でなく、見積書は細かくチェックしましょう。

 


見積書をもらったら、最低限、次のことは確認したい点です。

 

【支払い条件はいつか。何回か】

 

支払いについては、工事後に一回で支払うか、または2回に分けて工事前と工事後に支払うか、どちらかになることが多いもの。

極点なケースでは、「全額を先払いしたらこれこれの値引き」云々を言われて、結局、全額を持ち逃げされたという事件もあったそうです。

犯罪のような悪質業者は論外ですが、支払い条件は、やはり根本的な設定となりますから、しっかりと確認したいです。

 

【工事する箇所が明記されているか】

 

見積もりの金額が、結局、どことどこの塗装についてのものか。

 

工事が始まってから、たとえば、ベランダの手摺の塗装は含まれているのか、雨戸のある家では雨戸の引き戸の塗装は、やり直してもらえるのか。そこは曖昧にせず、あらかじめ確認しておきましょう。

また、塗装の箇所だけでなく、工事を始めるにあたって足場の設置工事があります。設置工事代金は含まれているのか。中には高圧洗浄にかかった費用が、見積書とは別に請求されたという例もあります。

業者の作為的なものでなかったとしても、発注者と業者との意識の違いは、大きなトラブルのもととなります。

 

 

書面をこまかく見るのは苦手だ! 

 

なんて言わずに、しっかり確認いたしましょう。ただ、この種のトラブルを避けるには、業者との円滑なコミュニケーションが前提となります。分からないことがあったら質問しやすいことーー。そんな空気が、その後のトラブルを避けてくれそうです。

 

リフォーム

 

やはり、信頼できる業者に出会いたいものです。

余談ですが、地元のつながりが強い社会で、ご近所の紹介の業者さんの場合、相手の善意を期待するあまり、こまかいことを曖昧にしたまま工事に取り掛かり・・・

じつのところ、トラブル発生ーーという事態は、意外と多いそうです。

 - 外壁塗装 費用 , ,